menu

WORKS with BMクラウド

ブログ

LEDに、いつしよう?

最近、お客様からのご依頼が多い、
管球交換。

交換の回数を減らしたい・・
そろそろLEDかな~と迷っていらっしゃる方。

長さにもよりますが、
廊下が蛍光灯の物件は、
交換工事費がかからず交換できることが多いので、
LEDへの交換、特にお勧めです

私ども清掃を中心とした管理会社が、
管球交換をしているのは珍しいと、
大変好評をいただいております。

***

敷地内の共有部、
とりわけ、エントランスなどに、
切れた電球がそのまま放置されていると・・

管理が行き届いていない物件
という印象を与えてしまい、
入居者が不満を持ち、
クレームへと発展するのはもちろん、

そのうち仲介業者にも嫌われてしまい
紹介してもらえなくなってしまう
ということが予想されます。

共有部の管理徹底は入居者確保のためには
必要不可欠といえますね。

また、エントランスはもちろん、
共有部の階段や廊下の電気が切れると、
転倒の事故などにもつながり、大変危険です。

(弊社のスタッフが、
階段の管球交換に伺った際・・
予想以上に真っ暗で驚いた、
正直怖かった、と申しておりました。。
ご高齢の方など特に、お気を付けくださいね。)

***

LEDの特徴として、

1⃣省電力

LEDの消費電力は、
白熱電球の5分の1蛍光灯の2分の1と言われています。

消費電力が少ないということは、
電気代も白熱電球の5分の1、蛍光灯の2分の1
ということになるわけです

2⃣長寿命

1,000~2,000時間の白熱灯、
9,000~12,000時間の蛍光灯に対して、
LEDの寿命はなんと、40,000~60,000時間と、
蛍光灯と比べても3倍~5倍長く使うことが可能です。

電球代や蛍光灯代そのものだけでなく、
管球交換代もかかりますから、

賃貸経営の管理において、
LEDが強い味方となってくれることは一目瞭然です。

***

「天才とは99%の努力と1%のインスピレーションからなる」
で、おなじみの、エジソンが、
白熱電球を発明してから、約140年。

電球といえば白熱電球という時代から、
省電力高寿命のLEDへ

でもでも、LEDって高いじゃない?
というそこのあなた。

いえいえ、一度、見直してみてください。
電球購入費、電気代、管球交換費・・

最近では100円ショップでも売られているようですよ。
(低価格にはそれ相応の理由があり、
質は要検討ではありますが、
100円ショップにLEDが並ぶ時代がきたということ。
だいぶお手ごろになってきているのは間違いありませんね。)

繰り返しになりますが、


廊下が蛍光灯の物件は、
工事費がかからず交換できることが多いので、
LEDへの交換、特にお勧めです


もちろん白熱電球の交換も受け付けておりますので
お気軽にご相談いただけたらと思います。

***

最後に、LED電球の豆知識をもう一つ。

LEDの寿命は
「明るさが新品時の70%になった時点」

なので、
白熱電球のように、寿命が来た時、
いきなり切れるわけではないのです。
暗くなってきたなと思ったときが、交換のタイミング。
焦る必要はありません。

入居者からのクレームが来る前に解決できる
これは大きいですね。


長寿命は、ゴミもあまり出なくなる
というメリットもありますよね。


次回は、管球交換と同じく
ご依頼の多い、残置ゴミについて、
ご紹介する予定です。

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

ロゴ

関連サービス

  • 共用部修繕

    LED照明工事

    寿命が長く、消費電力も少ないLED照明。電気料金のコストダウン、交換費用負担の削減により、経済的利益と建物の資産価値が高まる人気設備です。

    詳しくはこちら
  • 共用部メンテ

    定期清掃/巡回清掃

    「丁寧」「迅速」「履歴化」を心がけ、業務内容を明確化。 定期清掃+αで継続的に共用部をメンテナンスすることで 入居者様に快適な環境をご提供いたします。

    詳しくはこちら