menu

WORKS with BMクラウド

ブログ

宅配ボックスのすすめ2

「宅配ボックス」といっても種類は様々で、
どれを選んだらよいのか、迷ってしまうと思います。

筆者が比較検討した結果、
賃貸オーナー向けに、これは良い!と思ったものがこちら。

引用元:株式会社フルタイムロッカー


宅配ボックスは、

  • 導入の手間がない「簡易式」
  • ダイヤル式とも呼ばれる「機械式」
  • コンピュータ制御される「電気式」

と、大きく3つに分けられます。


「簡易式」は
導入コストを最小限に抑えたい、家賃が低めという物件に
おすすめしたい気持ちはやまやまなのですが、
荷物が入っていることが一目で分かるため、
盗難のリスクがあり、
ポータルサイトの「宅配ボックス」の検索対象にならないことから、
正直、あまりおすすめできません。
もちろん、入居者プレゼント!など、
少し話題にしたい、という程度であれば良いかと思います。

「機械式」は、
着荷などの履歴が残らないため管理しにくく、
トラブルには結局オーナーや管理会社が対応するしかないので、
管理の大変さを知っている弊社としましては、
賃貸オーナー向けにピッタリではないと考えました。
電気不要でランニングコストゼロですので、
配線工事が難しい場合は良いでしょう。

「電気式」は、
物件内で管理する「自主管理方式」と、
宅配ボックス会社による「オンライン管理方式」がありますが、
賃貸物件向けには、断然、オンライン管理方式をおすすめします。

その中でも、業界初のメンテナンス付きで、24時間対応、
低価格リース、と、ご紹介したチャレンジボックスは、至れり尽くせりです。
別途、電源工事費が必要にはなりますが、
管理する人が現場の近くにいない場合は運用が大変ですので。


もっと詳しく知りたい!という方、
賃貸オーナー向けの宅配ボックスのページがありますので、
ご参考にされてみてください。

導入を検討される場合は、
お近くのショールームや展示会で、
実際の製品を見て、触って、体験してみましょう。
じっくり検討して、納得できる宅配ボックスを選んでくださいね。

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

ロゴ

関連サービス

  • 共用部メンテ

    建物軽作業

    賃貸管理トラブルのどんなに小さなことでも即解決。1都3県の弊社巡回スタッフが常時巡回。オーナー様からのご要望に「迅速」対応いたします。

    詳しくはこちら
  • 共用部修繕

    プチリフォーム

    建物共有部をプチリフォームすることで、既存住宅の価値を底上げ。共有部の空室対策人気8種をご提案します。

    詳しくはこちら
  • 共用部修繕

    補修・雑工事

    屋上防水塗装・雨漏り対策工事などご相談に応じて補修工事を対応。状態が悪くなる前の予防的修繕は結果的に大規模修繕よりお得です。

    詳しくはこちら