menu

WORKS with BMクラウド

ブログ

水漏れの原因を探る② -配管-

前回の記事の続編。
1階にテナントが入るアパート・マンションの
水漏れ調査を依頼された件です。

引き続きまして、
弊社で配管内を調査させていただきました!

【調査】
1階テナント内の配管目視調査を行った結果

・目視で確認できる箇所に、大量のモルタル片等が溜まっていることを確認

・上記は通常使用で流すことが考えられない為、店舗内回収時のゴミが配管内へ流されたと推測できる。

・ヒアリングでカメラ調査を実施したとお聞きしたが、その際に目視で容易に確認できるモルタル片等が発見されなかった経緯は不明。※配管内より取り出したゴミ↓↓(角が鋭利なモルタル等の堅い素材)

【推察】
以上の調査結果から

・モルタル片等工事ゴミにより、配管詰まりが引き起こされていると考えられる。(並行して油性排水物からの詰まりもあると考えられる。)

・店舗内装工事前の漏水状況に関しても確認していないため、不明であるが、工事後の状況を見ると、配管内のモルタル片等のゴミが塩ビ製である排水管を傷つけ、漏水の1要因となっている可能性がある。

【対策】
内装工事前の状況を聞く限り、今回の調査個所のみが漏水の原因だったとは断定できません。現況の排水設備の更新、または、修繕が望まれます。

***

あんな、とがった、大きいモルタル片が、
配管内にあったなんて!!しかも、なぜ、見つからなかったのでしょうか・・
こわすぎますね・・

調査に時間がかかっても、多方面から原因を究明することが、アパート・マンション管理においては、結局のところお得であり、近道になると考えます。

このような調査結果があれば、
今後の清掃や点検の目途が立つようになります。

エビデンスを残すこと、建物の内部がどうなっているのか、見えないところを可視化すること。
面倒ですが、大切なことですよね。

弊社は、毎月の定期清掃の報告書はもちろん、リフォームや修繕も、写真付きで丁寧に作成いたします。
しかもWEBで24時間365日、いつでもどこでも確認できます。

ご検討ください。

***

弊社の補修・雑工事は、
大規模修繕となる前の「予防的修繕」として、
大変好評をいただいております。

貯水槽清掃や、増圧ポンプ点検などのご相談も、
随時受け付けております。

お気軽にご相談ください。

 

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

ロゴ

関連サービス

  • 共用部修繕

    補修・雑工事

    屋上防水塗装・雨漏り対策工事などご相談に応じて補修工事を対応。状態が悪くなる前の予防的修繕は結果的に大規模修繕よりお得です。

    詳しくはこちら
  • 共用部メンテ

    建物カルテ

    賃貸住宅管理のプロとして適正な建物メンテナンスを行うため、消防・給水設備から照明ひとつまで設備台帳としてデータ化し、有効活用。

    詳しくはこちら
  • 共用部修繕

    プチリフォーム

    建物共有部をプチリフォームすることで、既存住宅の価値を底上げ。共有部の空室対策人気8種をご提案します。

    詳しくはこちら