menu

WORKS with BMクラウド

ブログ

実例:台風後の現場から

台風15号の被害に遭われた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

台風直撃の翌日より清掃を再開いたしました。
台風後の現場を一部ご紹介し、台風対策に効果的な方法がないか、検証してみようと思います。

台風によりゴミボックスやバイクが転倒していましたので
ゴミボックスは再設置しました。
植栽が台風の影響で大分傾いている状態でしたので
応急措置で、紐で引っ張り固定をしておきました!
”植栽の応急処置ありがとうございました、早速対応します”とオーナー様よりメールが届きました。
ホッとしました。
外壁設置の配電盤の箱が破損していたことをご報告いたしました。
このままでは漏電の恐れあり、気づいてよかったです。
1階から3階の内廊下、階段に水溜りが多く見られました。
ご入居者様の転倒防止の為、水溜りの除去を行いました。

清掃スタッフに、台風後のひどかった状況を聞いたところ、
1、葉っぱの散乱(掃き掃除が大変だった!!)
2、ゴミ置場の散乱(ストッカー倒壊)
3、トタン屋根の崩壊(トタンが落ちていた)
4、オープンタイプのマンションの場合、内廊下の浸水、階段の浸水がひどい
5、駐輪場の散乱(自転車はできれば室内に入れておきたいところです・・)
・・といった事案が主な感想でした。

また、台風後の状況を見て欲しい、とのご要望も多く寄せられ、対応させていただきました。

清掃現場から考える、台風被害を最小限に止める方法として、
1、バイクや自転車のカバーはかけない(カバーがいたるところに落ちていた)
2、ゴミストッカーの蓋は必ず鍵を閉めておく(蓋が開いてしまうと、ストッカーごと倒れる恐れあり)
3、普段から共用部に物を置かない(予測しなかったものが飛んで行っていた)
・・が考えられます。

特に、3番の、共有部に物を置かない、ということは、
普段から生活環境の豊かさを守る手段として、共有部を清潔に保つことが、共同住宅で生活する方達のマナーかと考えます。
共用部に物が多く置かれていると、正直清掃がしづらく、やる気が少し落ちてしまいます・・どうしても死角になってしまい、不潔な状態が続いてしまうので、仕上がりも悪いのです。

台風や災害時に被害を大きくしないために、プチリフォームや、設備点検などのご相談にも対応いたしております。
この機会にぜひご検討いただけたらと思います。



ロゴ

関連サービス

  • 共用部メンテ

    定期清掃/巡回清掃

    「丁寧」「迅速」「履歴化」を心がけ、業務内容を明確化。 定期清掃+αで継続的に共用部をメンテナンスすることで 入居者様に快適な環境をご提供いたします。

    詳しくはこちら
  • 共用部メンテ

    空家・空部屋巡回

    空家・空部屋巡回、戸建巡回、点検立会などの巡回サービス。告知文書代行・点検・撮影・ポスティング代行など 個々のご要望を伺いカスタマイズ対応します。

    詳しくはこちら
  • 共用部メンテ

    建物軽作業

    賃貸管理トラブルのどんなに小さなことでも即解決。1都3県の弊社巡回スタッフが常時巡回。オーナー様からのご要望に「迅速」対応いたします。

    詳しくはこちら