menu

WORKS with BMクラウド

ブログ

ごみ置場、これはひどい!

弊社の定期清掃で、一番時間がかっているのが、ごみ置場。

その中でも、最近特にひどかったのが、こちら。

↑ 2〜3時間、分別作業にかかりました。
(この写真には写っていませんが、段ボール置き場もすごいことになっています。)
↑ こちらも2時間半かかったごみ置場です・・。

ごみ袋の「量」はもちろんのこと、いちばんの問題は、「分別の質」です。
分別がきちんとなされていない際は、これらのごみ袋を全て開封し、分別し直して、
また新しいごみ袋に入れ替える、という作業をしなくてはなりません。

しかし、そもそも、ごみ置場が汚い場合、誰が責任をとるのでしょうか?
オーナー?管理会社?入居者個人?その辺りが明確になっていないので、
無責任にごみを捨ててしまうケースが増えるのでしょう。

次に、指定有料ごみ袋の問題。

指定有料ごみ袋と一言で申しましても、色々な袋があります。

グーグル画像検索のトップがこのような状態・・

例えば、以下のごみ置場では、立派なゴミストッカーがあり、
一見、きちんと捨てられているように見えますが、自治体指定の有料ごみ袋に入っていないので・・

指定有料ごみ袋に入っていない・・

全てのごみ袋を開封し、「燃やすごみ」の指定有料袋に入れ直しまして、再度、ゴミストッカーに、ごみ袋を入れ戻しました・・。

本来、燃やすごみは、指定の収集袋にこのように入れるべきなのですが・・
再度、ゴミストッカーに。

このような、ひどいごみ置場に直面している昨今、
日本のごみ事情がそろそろ限界にきているのではないかと強く感じます。

次回の記事では、中国の事例を取り上げようと思います。

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

ロゴ

関連サービス

  • 共用部メンテ

    定期清掃/巡回清掃

    「丁寧」「迅速」「履歴化」を心がけ、業務内容を明確化。 定期清掃+αで継続的に共用部をメンテナンスすることで 入居者様に快適な環境をご提供いたします。

    詳しくはこちら
  • 共用部メンテ

    特別清掃

    国家資格保有の清掃スペシャリスト、ビルクリーニング技能士による機械洗浄。建物ピカピカ、内見客への印象アップ。大掃除としてもご活用ください。

    詳しくはこちら
  • 共用部メンテ

    建物カルテ

    賃貸住宅管理のプロとして適正な建物メンテナンスを行うため、消防・給水設備から照明ひとつまで設備台帳としてデータ化し、有効活用。

    詳しくはこちら