menu

WORKS with BMクラウド

ブログ

◯◯◯1位は世田谷区!

◯◯◯数ランキング

1位:東京都世田谷区49,070戸
2位:東京都大田区48,080戸
3位:鹿児島市47,100戸
4位:東大阪市44,180戸
5位:宇都宮市44,050戸
6位:東京都足立区39,530戸
7位:大阪府吹田市38,540戸
8位:松山市38,360戸
9位:岐阜市38,320戸
10位:兵庫県尼崎市37,130戸

情報元:日本経済新聞 18年 住宅・土地統計調査

こちら、なんのランキングか、分かりますか?

正解は

。。。

。。。。。

。。。。。。。

空き家数ランキングだったのです!

弊社の空き家空き部屋巡回サービスは、
独自マニュアルに沿ってしっかりと撮影!

総務省が昨年発表した、2018年の「住宅・土地統計調査」

空き家率の1位が東京都世田谷区とは、意外に思われる方も多いのではないでしょうか。

ブランドより利便性?

世田谷区は、言わずと知れたブランド住宅地ですが、不動産はブランドよりも利便性が重視されるようになってきていることを示しているようです。

駅からの距離が近く、都心へのアクセスが良い住宅地に住む方が良いと、見栄よりも現実を重視する人が増えてきたのかもしれません。

ロケーションの見極めが重要か

日本の少子高齢化とそれに伴う人口減少の影響が、東京23区にも広がり始めたというのは衝撃的です。これからの国内不動産投資には「ロケーション」の見極めが更に重要になっていくことでしょう。

※「内藤忍の公式ブログ」2020年1月12日の記事を一部転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

弊社でも過去に2回ご紹介しております、空き家空き部屋問題。
(よかったら再度ご覧ください↓)

空き家・空き部屋巡回サービス

空き家・空き部屋巡回、お任せください

以前の記事の繰り返しになりますが、興味深いのは、空き家の種類別内訳の半数以上が「賃貸用の住宅」であることです。

賃貸不動産オーナー様・管理会社様からすると、空き家空き部屋問題は、現状、避けて通れない問題となっています。

空き家が増える時代
清掃や巡回が、犯罪・災害を防ぎます。

ぜひお問い合わせください!

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

ロゴ

関連サービス

  • 共用部メンテ

    空家・空部屋巡回

    空家・空部屋巡回、戸建巡回、点検立会などの巡回サービス。告知文書代行・点検・撮影・ポスティング代行など 個々のご要望を伺いカスタマイズ対応します。

    詳しくはこちら