menu

WORKS with BMクラウド

ブログ

「宅配」の新しいカタチ

「置き配」「宅配ボックス」急増中
配達員の不安解消にも

簡易型宅配ボックス「OKIPPA」

新型コロナ対策として、配達員と直接接触しない「置き配」が急増しています。物流業界で大きな問題となっている「再配達」の解決策としても、「置き配」は注目されているようです。

ただ、通販利用者からは、「盗まれないか・・」「雨に濡れないか心配・・」などの不安の声も多くあり、今、宅配ボックスの設置がさらに注目を浴びています。実際、弊社の巡回スタッフからも、コロナの影響で、宅配ボックス設置物件が増えたようだ、との声がよく聞かれます。

宅配ボックスは、
多額の設備投資とスペースが必要・・

全国賃貸住宅新聞より発表された「入居者に人気の設備ランキング」によると、単身者向け2018年3位、2019年4位・ファミリー向け2018年4位、2019年5位と、宅配ボックスは常に上位にランクインしています。

しかし、実際に宅配ボックスを設置するには数十〜数百万円の設備投資およびスペースが必要となり、なかなか設置に踏み切れないオーナー様もいらっしゃいます。また宅配ボックスを設置しても、一部の入居者が専有してしまい、すべての入居者が宅配ボックス環境を享受できないという問題もときに発生しています。

『OKIPPA(オキッパ)』

そんな中、注目を集めているのが、置き配専用バッグ『OKIPPA(オキッパ)』です。普段は小さく折りたたんで玄関のノブなどに引っかけておくことができるが、広げると2リットルのペットボトルが18本も入る大きさに。そこに配達員が荷物を入れ、バッグにカギをかける仕組みです。

宅配業者がバッグを広げて荷物を入れ、南京錠で鍵をかける。一般的な段ボール箱なら余裕で入るといい、税込み3980円。専用アプリで配送状況を確認することもできます。

安価・省スペース・工事不要の各戸専用、と、宅配ボックス導入のハードルを大きく下げることができます。

コロナで注目される「非接触型」サービス

人と人との直接的、間接的な接触を減らす非接触のアイディアを、緊急事態宣言が解除された今、第二波に備えることが重要ではないでしょうか。

宅配ボックス以外には、玄関キーにICチップを埋め込み、その部分をセンサーにかざすだけでオートロックが解除される「非接触キー」なども注目されているようです。

コロナ対策だけでなく、空室対策にも有効かと思います。ご参考になれば幸いです。

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

ロゴ

関連サービス

  • 共用部メンテ

    新型コロナ対策

    新型コロナ対策で、建物管理の現場に今、必要な具体策をご提供。現在、(1)除菌清掃 (2)ごみ置き場掲示物DL (3)ごみっと君 の3サービスをご提供中!

    詳しくはこちら
  • 共用部メンテ

    定期清掃/巡回清掃

    「丁寧」「迅速」「履歴化」を心がけ、業務内容を明確化。 定期清掃+αで継続的に共用部をメンテナンスすることで 入居者様に快適な環境をご提供いたします。

    詳しくはこちら
  • 共用部メンテ

    空室対策

    長期空室物件の簡易清掃・巡回報告を行います。巡回写真を募集リーシング向け写真としてもご利用頂けます。空室対策として簡易ステージングも実施します。

    詳しくはこちら