menu

WORKS with BMクラウド

ブログ

アフターコロナの空室対策

賃貸オーナー・管理会社様の永遠のお悩み…「空室」。

どういった問題が起きているか把握するためには、
直接現地に行ってみることがおすすめです。

直接現地に行けない場合は、空室管理をどこかにお願いすることが、
空室対策として有効と考えます。

長期空室の場合には、
60日を上限に巡回(通風・通水など)することをオススメします。

特に、夏は、虫の死骸、ゴキブリ、蜘蛛の巣、などが増えますので、
入居希望者が、「こんな汚いところ絶対ヤダ〜」とならないために
空室巡回は確実にしておきたいところです。

きちんと空室対策をしておけば、
入居前に、空間殺虫剤を焚いておく、消臭剤を置いておく、などの処置もできます。

物件の状態を自分の目で確かめたり
(専有部だけでなく、共有部も!特にごみ置場は重要チェック項目です!)、
周辺環境を歩いてみたり、入居者の人に直接ヒアリングをしてみたり、
退去された方にアンケートをして生の声を聞いてみるのもよいでしょう。

弊社の空き家空き部屋巡回では、以下のような報告書を作成しています。
また、空室対策のご相談にも対応しております。

報告書の一部

入居者ニーズの情報をチェックすることも大切です。
例) 在宅勤務=自宅のネットワーク環境が必須です。

引越し先が「インターネット無料」かどうかは、
コロナ前の世界よりも、より重要視されることになります。

今後の時代の動きを見て、安易に家賃を下げることなく、
空室の問題点をすべて早めに把握して、出来る限り解消しましょう。

ぜひお気軽にご相談ください。

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

ロゴ

関連サービス

  • 共用部メンテ

    空家・空部屋巡回

    空家・空部屋巡回、戸建巡回、点検立会などの巡回サービス。告知文書代行・点検・撮影・ポスティング代行など 個々のご要望を伺いカスタマイズ対応します。

    詳しくはこちら
  • 共用部メンテ

    空室対策

    長期空室物件の簡易清掃・巡回報告を行います。巡回写真を募集リーシング向け写真としてもご利用頂けます。空室対策として簡易ステージングも実施します。

    詳しくはこちら
  • 共用部メンテ

    販売中物件クリーニング

    販売中の物件の簡易クリーニング、カーテン取付、簡易剪定、除草、コーキング等もご提供。GPS連動によりリアルタイムで作業フローを管理します。

    詳しくはこちら