menu

BMクラウド

第1章(総則)

本規約は、AssetAppsのビジネスの仕組み、AssetAppsに適用される法律、およびサービスを利用するユーザーとAssetAppsとの関係を定義します。
本規約において、次の用語はそれぞれ次の意味で使用します。

1)「AssetApps」とは、第3条で規定する当社が開発・提供するアプリやサイト、受発注システム、管理システムおよび統合サービスの総称をいいます。

2)「ユーザー」とは、AssetAppsサービスの利用者全般をいいます。当社との契約者が本規約に基づき本サービスの利用を認めた第三者をも含みます。なお、この第三者は契約者の事業のために本サービスを利用されているものとみなします。

3)「ビジネスユーザー」とは、ユーザーのうち、本規約に基づき第三者に対して本サービスの利用を認めた契約者をいいます。ビジネスユーザーはAssetAppsのユーザーを追加する権限を有します。

 

第1条(サービス提供者)
AssetAppsサービスの提供者およびユーザーとの契約者は以下の法人となります。
株式会社ASSET COMMUNICATIONS
東京都中央区銀座1-3-3
日本国の法律に基づいて設立され、日本国の法律に基づき運営される法人

 

第2条(ユーザーと本サービスとの関係)
本規約は、ユーザーと本サービスとの関係を定義するためのものです。当社は本規約を遵守することに同意したユーザーにAssetAppsサービスを提供します。本規約には、AssetAppsのビジネスの仕組みと収益を生み出す方法が反映されています。

 

第3条(ユーザーに提供する機能)
AssetAppsは、本規約の対象となる幅広いサービスを提供します。これには以下が含まれます。
・アプリやサイト(例: BMクラウド、BMプライム、AssetAppsオーナーアプリ)
・受発注システム(例: BMクラウドネットショップ、AssetAppsネットショップ)
・管理システム(例: BMクラウド管理システム、AssetApps管理システム)
・統合サービス(例: 他企業ブランド名によるサービスご注文受付サイト)
・AssetAppsと相互に連携するその他のサービス
AssetAppsのサービスは相互に連携するように設計されております。たとえば、BMクラウドネットショップに作業依頼すると、AssetAppsオーナーアプリ上で受発注の進捗確認と報告の閲覧が可能です。

 

第4条(AssetAppsサービスの改善)
当社はサービスの向上を目的として、新しい技術や機能の開発に常に取り組んでいます。研究開発技術を活用することで、新たな不動産賃貸経営支援サービスを開発し、革新的な機能を提供したりできるよう、研究を行っております。
当社はさらなる改善を目指して、さまざまな機能の追加や削除、サービスの制約の増減、新しいサービスの提供や古いサービスの終了などを適宜行っております。

ユーザーのAssetAppsサービスの利用に悪影響を及ぼす重大な変更を行う場合、またはサービスの提供を終了する場合、当社はユーザーに対して合理的な事前の通知を行い、データエクスポートを使用してAssetAppsアカウントからユーザーのデータをエクスポートする機会を提供します。ただし、不正行為の防止、法的要件に対応する必要がある、またはセキュリティや運営上の問題に対処する必要があるなどの緊急時は除きます。

 

第5条(規約の遵守)
AssetAppsのサービスを利用するために、ユーザーは以下に規定された規約等を遵守することが望まれます。

 

本規約

サービス固有の追加規約

「WORKS with BMクラウド」 利用規約

「WORKS with BMクラウド/プライム」サービス出品者利用規約

「BMプライム駆けつけ」サービス利用規約

セールスパートナー、紹介ポイント利用約款

BMクラウド認定運用パートナー契約約款

また当社は、各種ポリシー、ヘルプセンター、およびその他のリソースを公開し、一般的な質問に答えるとともに、サービスの利用に関して当社とユーザーが相互に期待すべきことを規定しています。これらのリソースには、プライバシーポリシー、および当社のポリシーサイトからアクセスできるその他のページが含まれます。

当社は、AssetAppsサービスの利用をユーザーに許可しますが、サービス内でAssetAppsが所有するすべての知的所有権は、当社またはビジネスユーザーが保持します。

 

第2章(AssetAppsサービスの利用)

第6条(ユーザーのAssetAppsアカウント)
AssetAppsのサービスを機能させるためには、AssetAppsアカウントが必要になります。たとえばBMクラウド ネットショップの見積作成機能を使用するには、見積書のデータを保管する場所を確保するためにAssetAppsアカウントが必要となります。

ユーザーは、AssetAppsアカウントで行うことに責任を負います。これには、AssetAppsアカウントを安全に維持するために合理的な措置を講じることも含まれるため、定期的にセキュリティ診断を使用することをおすすめします。

 

第7条(ビジネスユーザーの管理者権限)
ビジネスユーザーは管理者を設定し、管理者は、組織内のユーザーにAssetAppsアカウントを割り当てることができます。管理者はユーザーに対し、機能の権限を制御することができます。また、管理者がユーザーのAssetAppsアカウントにアクセスしたり、そのアカウントを無効にしたりすることもあります。

 

第8条(サービスに関連するコミュニケーション)
AssetAppsはサービスを提供する目的で、サービスに関するお知らせやその他の情報をユーザーに送信することがあります。当社からユーザーへの連絡の方法について詳しくは、当社のプライバシーポリシーをご覧ください。

 

第9条(AssetAppsサービス内のソフトウェア)
AssetAppsの一部のサービスには、オープンソースライセンス規定に基づいてユーザーに提供しているソフトウェアが含まれています。オープンソースライセンスには、本規約の一部を明示的に上書きする条件が規定されている場合があるため、必ずそれらのライセンスを確認してください。

ユーザーは、AssetAppsのサービスまたはソフトウェアのいかなる部分も、複製、変更、配信、販売、貸与することはできません。また、AssetAppsのソースコードのリバースエンジニアリングや抽出を試みることはできません。ただし、ユーザーが当社から書面による許可を得た場合、または適用される法律によりこうした行為が許可されている場合は、この限りではありません。

 

第10条 (データ保存期間とその責任について)
AssetAppsは、会員と別途定めるデータ引き揚げ猶予期間中は誠意をもって完全性、可用性、機密性を保つ努力を行います。
ただし、不測の事態等によるデータ喪失の責任は負いません。報告書その他にダウンロード機能を用意していますので、個別にバックアップすることを推奨します。

第11条(保証)
当社は、相応の技術と注意をもってサービスを提供します。この保証に記載された品質レベルが満たされていない場合、ユーザーはそれについて当社に伝え、当社はユーザーと協力して問題の解決を試みるものとします。

 

第12条(免責)
当社が、AssetAppsのサービス(サービス内のコンテンツ、サービスの特定の機能、その信頼性、利用可能性、またはユーザーのニーズに応える能力を含む)について約束するのは、(1)保証のセクションに記載されている内容、(2)サービス固有の追加規約に記述されている内容、または(3)適用される法律のもとで提供されている内容のみです。その他には、AssetAppsのサービスについていかなる約束もしません。

法律上の義務がある場合を除き、AssetAppsが上記の明示的な内容以上の保証を提供することはありません。

第3章(法的責任)

 

第13条(対象者:すべてのユーザー)
本規約は、適用される法律によって許可されている限りにおいて当社の責任を制限します。たとえば、死亡または人身傷害、不正行為、詐害的な不実表示、重過失、または意図的な違法行為について、本規約が当社の法的責任を制限することはありません。

本規約に定める権利および責任を除き、AssetAppsによる本規約またはサービス固有の追加規約への違反に起因する損失でない限り、当社はその他のいかなる損失に対しても責任を負いません。

 

第14条(対象者: ビジネスユーザーのみ)
ビジネスユーザーに対しては、適用される法律により認められる範囲内で以下が適用されます。

・ビジネスユーザーは、ビジネスユーザー自身によるサービスの不正利用、または本規約もしくはサービス固有の追加規約への違反に起因または関連する第三者によるあらゆる法的手続き(政府機
関による法的措置を含む)について、当社およびその取締役、役員、従業員、請負業者を補償するものとします。この補償は、請求申し立て、損失、損害、裁判、罰金、
訴訟費用、弁護士費用を含め、あらゆる法的責任または費用が対象となります。

・当社が以下の法的責任を負うことはないものとします。
利益、収益、事業機会、業務上の信用、または期待された節約の損失
間接的または結果的損害
懲罰的損害

・本規約に起因または関連して当社が負う責任の総額は、別途締結した契約に基づきます。
ビジネスユーザーが特定の責任(補償を含む)を法的に免除される場合、本規約に基づくそれらの責任は適用されません。

 

第15条(問題が発生した場合の措置)
当社は、第16条、第17条の措置を講じる前に、ユーザーに対して合理的に可能な限り事前の通知を行い、措置を講じる理由を説明し、問題を修正する機会をユーザーに提供するものとします。ただし、そうすることが以下の事態につながると当社が合理的に判断した場合を除きます。
・ユーザー、第三者、または当社に損害または法的責任が及ぶ
・法律または法執行機関の命令に違反する
・調査に支障をきたす
・AssetAppsのサービスの運用、完全性、セキュリティに支障をきたす

 

第16条(ユーザーデータの削除)
当社は、ユーザーのデータが(1)本規約、サービス固有の追加規約またはポリシーに違反している、(2)適用される法律に違反している、または(3)AssetAppsのユーザー、第三者、または当社に損害を与える可能性があると合理的に確信できる場合、適用される法律に従って、当該データの一部または全部を削除する権限を有します。 例としては、児童ポルノ、人身売買または嫌がらせを助長するデータ、テロに関するデータ、および他者の知的所有権を侵害するデータなどが挙げられます。

 

第17条(ユーザーによるAssetAppsサービスへのアクセスの一時停止または停止)
当社は、次のいずれかに該当する場合、ユーザーによるサービスへのアクセスを一時停止もしくは停止する権利、またはユーザーのAssetAppsアカウントを削除する権限を有します。

・ユーザーが本規約、サービス固有の追加規約またはポリシーに著しくまたは繰り返し違反
した場合
・法的要件または裁判所命令に従ってAssetAppsがそうした対応をとる必要がある場合
・ユーザーの行動(ハッキング、フィッシング、嫌がらせ、スパム行為、虚偽情報の提供、他のユーザーに帰属するコンテンツの無断複製など)が、特定のユーザー、第三者、もしくは当社に損害を与えた、または法的責任を発生させたと当社が合理的に確信できる場合

ユーザーは自身のAssetAppsアカウントが誤って停止または終了されたと考える場合に異議を申し立てることができます。

もちろん、ユーザーはいつでも自由にAssetAppsサービスの使用を停止できます。サービスの利用を停止する場合は、ぜひその理由をお聞かせください。今後のサービス向上に役立てさせていただきます。

 

第18条(反社会勢力の排除)
当社及びユーザーは、相手方に対して、自己又は自己の役職員が次の各号に掲げる者(本規約において、「反社会的勢力」という。)でないことを表明し、保証します。
・暴力団、暴力団の構成員(準構成員を含む。)又は暴力団の構成員でなくなった日から5年を経過しない者。
・暴力団関係企業。
・総会屋、社会運動標榜ゴロ、政治活動標榜ゴロ、特殊知能暴力集団又はこれらの団体の構成員。
・前各号に準じるもの。

また当社及びユーザーは、次の各号のいずれかに該当する行為若しくは該当するおそれのある行為を行わず、又は第三者をして行わせしめないことを相手方に対して表明し、保証します。
・暴力的な要求行為。
・法的な責任を超えた不当な要求行為。
・取引に関して、脅迫的な言動を行い、又は暴力を用いる行為。
・風説の流布、偽計若しくは威力を用いて信用を毀損し、又は業務を妨害する行為
・前各号に準じる行為。

第4章(雑則)

 

第19条(本規約の改定)
当社は、実施する日を定めて本規約の内容を改定することがあります。変更後の本規約は、当社が別途定める場合を除いて、規約改定日よりその効力を生じるものとします。

 

第20条(適用法、および専属的合意管轄裁判所)
本規約の準拠法は、日本法とします。また、当社とユーザーの間で訴訟の必要が生じた場合は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とすることに合意するものとします。

 

附則
本規約は2021年4月1日から実施します。
2022年10月18日改訂
2022年12月1日改訂

 

株式会社アセットコミュニケーションズ
(本社)東京都中央区銀座1-3-3 G1ビル7F
(BMクラウド本部)東京都渋谷区猿楽町29-8ヒルサイドテラスE棟32
(AssetApps事業部)東京都渋谷区猿楽町29-8ヒルサイドテラスE棟32