menu

WORKS with BMクラウド

ブログ

社長、アセットコミュニケーションズのことを教えてください!【part1】

不動産×ITの領域で様々なソリューションを提供している弊社アセットコミュニケーションズ。賃貸管理や定期清掃、会計クラウドなどその対応範囲は多岐に渡ります。

一体アセットコミュニケーションズとはどのような会社なのか。どんなことがおすすめできるのか。インターン生2人が「そもそも〇〇とは?」という目線で当社社長の近藤統嗣にインタビューした内容を4回に分けてお伝えしてまいります。

他社様と比較検討されている方、もっとアセットコミュニケーションズのことを知りたい!と思っていただいている方、必見です。

Q1.社名(AssetCommunications/アセットコミュニケーションズ)の由来を教えてください

近藤:
Assetは不動産、Communicationsはそのままコミュニケーションを表しています。もう少し具体的に言えば、不動産領域におけるコミュニケーションサービス、特にプロパティマネジメント(PM)・アセットマネジメント(AM)・ビルディングメンテナンス(BM)に関わるプラットフォーム作りを目指しています。

「コミュニケーション」の一例としてはチームチャット機能が挙げられます。社内外の各チーム(オーナー窓口/リーシング/会計/清掃/点検等)がオーナー様が必要な情報を適切なタイミングでお届けし、やりとりを行うことが出来るようにするというものですね。また、それらの履歴をアプリで一括管理することで、後からでも見返しやすくなることを現在目指しています。

Q2.BMって一体何ですか?

近藤:
Building maintenance(ビルディングメンテナンス)の略ですね。直訳すれば、建物の維持や管理のことです。みなさんがイメージする清掃や植栽剪定などはこれに近いでしょう。

先ほどの質問に対する回答で、プロパティマネジメント(PM)アセットマネジメント(AM)に少し触れたのでそれらとの違いもお話しします。

不動産業界では、賃貸管理のことをプロパティマネジメント(PM)と呼びます。また、不動産業界の主業務の一つとしての資産運用、売買のことをアセットマネジメント(AM)と呼ぶんですね。ビルディングマネジメントと聞くと、今述べた二つの「マネジメント」を含んでいるように思われますが、そうではない時もあるのです。

他にも、設備管理がファシリティマネジメント(FM)と呼ばれることもあります。

Q3.WORKS with BMクラウドの「WORKS」とは?

近藤:
一つの建物を管理するためにはいろいろなwork、仕事が存在するということです。例えば、このサイトのトップページ最上部には様々な道具を持ったキャラクターがいますよね。

これはまさに、建物管理は一つの「WORK」ではなくたくさんの「WORKS」によって成り立っているということです。弊社はそのWORKSの多くに対応しているという意味を込めてWORKS with BMクラウドという名前を使っているのです。




いかがだったでしょうか?

アセットコミュニケーションズにまつわる様々な「そもそもこれってどういうこと?」が解決されれば幸いです。次回は弊社のサービスも解説していきますので、どうぞそちらもご覧ください!

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

ロゴ

関連サービス

  • 共用部メンテ

    植栽管理

    定期的な植栽管理は建物の資産価値アップ、コスト削減にもつながります。植木の剪定・雑草対策・芝生の張替え・造園など熟練した植木職人にお任せください。

    詳しくはこちら
  • 共用部メンテ

    定期清掃/巡回清掃

    「丁寧」「迅速」「履歴化」を心がけ、業務内容を明確化。 定期清掃+αで継続的に共用部をメンテナンスすることで 入居者様に快適な環境をご提供いたします。

    詳しくはこちら
  • 共用部メンテ

    建物軽作業

    賃貸管理トラブルのどんなに小さなことでも即解決。1都3県の弊社巡回スタッフが常時巡回。オーナー様からのご要望に「迅速」対応いたします。

    詳しくはこちら