menu

WORKS with BMクラウド

課題

原状回復工事の履歴を紙のファイルで管理している。紙で管理するのをやめることで効率化したい。

専有部分の原状回復工事の履歴情報は次回工事する際にも必要となる大事なデータです。しかしながら、紙に書かれているままファイルで管理されているため、後から見返す際に探すことに時間がかかってしまう。紙で管理するのをやめて生産性をアップするのはどうしたら良いか。

アイキャッチ

建物管理サービスBMクラウドの推奨施策

報告書を探す時間が大幅削減

 

Before
報告書を探す時間
3時間
After
報告書を見つける時間
3分

電球のイラスト チェックポイント

  • 原状回復DXwithBMクラウドを利用する
  • オーナーー棟ー区画と連動した報告書をウェブ上で確認する
  • 報告書をダウンロードしてメールで送付する
  • 動画マニュアルをチェックする

BMクラウドを用いた解決策

原状回復DXwithBMクラウドの仕組みを利用する

貴社専用のECサイト(ネットショップ)を構築し、見積→発注(オーナー承認)→発注請(ワーカー承諾)→納品(予実管理)をクラウドで一 元管理。退去立ち合い・原状回復の受発注をウェブ上で簡単にご利用・管理いただけます!データも全てこの中に保存されます。

オーナーー棟ー区画と連動した報告書をウェブ上で確認する

ワーカー(作業員)が作成した報告書がアプリ上で即時共有されます。管理システム(ウェブ)上にオーナー一棟一区画と連動した報告書が格納されますので、報告書の書類管理の負担はゼロに。データ保管5年間保証なので安心です。

報告書をダウンロードしてメールで送付する

オーナー様に報告書をお送りするのも簡単です。報告書をPDF形式でダウンロードすれば、メールで送信できます。

動画マニュアルをチェックする

原状回復DXwithBMクラウドの動画マニュアルをチェックしてみましょう。爆速DXを実現できる仕組みをご紹介しています。原状回復の依頼方法、協力会社との連携、スケジュールの確認、報告書の確認などが可能です。

BMクラウド設定手順

  • ・管理画面から「建物管理」を選択しスケジュールを確認する
    ・管理画面から「個別依頼管理」を選択しサービス種別で原状回復を選択する
     作業案件ごとのステイタスの確認が可能です
    ・管理画面から「土地建物管理」を選択し「建物メンテ報告」を選択して報告フォームを見る